潜在能力開発(シルバー・メソッド)の体験談

 

 

 

  • 子どもが学校から帰ってきて「宿題したくない」とよく言います。それを聞くのが嫌でした。また、言うのではないかと想像していました。シルバ・メソッドで習った方法を使ってみました。マインドの鏡です。学校から帰ってくる前に、子どもが宿題をしているイメージ「終わったよ」と言う元気な声をイメージしていました。すると本当にそうなりました。信じられないくらいでした。(Sさん)  

 

 

  • 小学3年生の子どもは、忘れ物が多いのです。親としては「忘れ物しないでね。」と毎日、声をかけていましたが、効果がないので、肯定的な言葉と良いイメージをすることにしました。マインドの鏡です。それ以来、忘れ物の件数がグッと減り、嬉しくなりました。(Mさん)   

 

  • 相性の悪い子どもとの関係: ベーター・レベルでは、なぜかすぐ口論になる息子との関係です。 顔を見ると優しい言葉をかけられないのです。そこで、アルファー・レベルに入り、優しい言葉を子どもにかけ続けて1ケ月後、なんと子どもが旅行に誘ってくれました。相性が悪いのではなかった。                                                                                                                                                             私の思考が影響を与えていた事にびっくり、嬉しい出来事でした。(Kさん)                                                                                                                                                                                                                                                    

 

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   

 その他

     子どもは希望の大学に合格しました。
     就職に大いに役立ち願望が実現しました。
     長年の偏頭痛の改善・肩こりの改善・夫や子どもとの良好な人間関係。
     職場での人間関係が良くなった。
     癌が消えた方・健康になった。
     経済的に豊かになった・望む家を購入しました。
     など願望達成の体験談が多く寄せられています。


     潜在意識下では親の思考が子どもに大きく影響しています。言葉、思考、イメージの力は大切ですね。 

                                                                                                                                                           

                                                  
 
Copyright (c) 2013 NPO OYAKOGAKU All Rights Reserved.